単身パックをコストパフォーマンスで選ぶなら

 

「コスパで選ぶなら」

最近だと家具付きの学生限定マンションや、女性限定の家具家電付マンションなども増えて来ていて、家具家電が必要か必要でなくなるかは、新生活の身の振り方が決まってからになります。

新たに一人暮らしを始める場合は、実家に家具はそのまま残して、初の一人暮らしでは家具家電をまるっと新品を購入してしまうから、服などだけでいいって場合も少なくありません。

当然そんな時は「単身パック」になります。

地方から上京してくる場合には、長距離の引越の場合に金額が高くなるのを抑えたいなどと考える方も多いですよね。

そんな時は「赤帽」の単身パックをお勧めします。

これは大変裏ワザ価格なのですが、長距離「大阪→東京」で2万円とは格安です。

電話で「単身引越です」と伝えて簡単に予約完了となり、見積もりなどに来ていただく必要もありません。

格安の理由は、何時に取りに来るかもお任せの場合で、翌日配達でなく、何日か掛かってもOKと伝えている場合になります。

一人暮らしから一人暮らしの引越だと、布団がなくて寝る場所がありませんが、実家から一人暮らしの引越の場合ならば、特に気にしませんよね。

単身パックの荷物量の目安は、HP等にも記載されているので、目安をもとに考えれば、何を持って行けて何を実家に置いていくかを考えればよいのですが、当日、赤帽の方に自分の荷物スペースにまだ余裕がある場合に、「これも持って行きたいのですが」と相談してみると、意外と乗せてくれたりします。無理な場合も勿論あるそうです。

トラックには、他の長距離引越の方の荷物も乗っていたりもするようですが、そこは宅配便業者などと似ている点かと思います。

一緒に運ばれるのが嫌という方もいらっしゃるでしょうが、宅配便業者と同じだと考えてみると、納得できますよね。

また、単身パックはもともと安めですけど、宅配便業者などの配達系を利用するのではなく「赤帽」にする理由としては、”何個口”と個数にする必要がなく、ダンボールでなくても可能であることです。

また、車1台で、運転手さん=(イコール)引越スタッフ1名となる場合が多いようなので、家の前が道路なのか停めていい場所があるのかどうかをきちんと伝えておかなくてはなりません。

赤帽に頼みたいと思ったあなたの家の前が、道路や駐車禁止の場所でない事を祈ります。

一番安いのは単身パックだけど、一人暮らしじゃなくても使えるの?